コパイバとは

  • HOME
  • コパイバとは

南米のアマゾン川流域に大きく広がる、世界最大面積を誇る熱帯雨林「アマゾン熱帯雨林」

アマゾンは地球上にある熱帯雨林の半分に相当する面積を持ち、「地球の肺」とも呼ばれ、現在発見されているだけで、約44,800種類の植物が濃密なジャングルを形成しています。
その中には、漢方やハーブのように薬草として健康維持に利用される植物が多く含まれ、伝統的に用いられるもので8,000種類も存在していると言われています。

それら、薬草・薬木の中でも、ブラジル・アマゾンの原住民「インディオ」が古くから伝承し「聖木」として崇め、生活に取り入れてきたのがコパイバの木、そしてコパイバの中でも希少種と呼ばれる「コパイバ マリマリ」です。

聖木コパイバ、さらに上質な「コパイバ マリマリ」

聖木コパイバ、さらに上質な「コパイバ マリマリ」

コパイバ(copaiba)は、南米ブラジル北西部のジャングル地帯、アマゾン川の流域に自生するマメ科の樹木です。成長すると30~40mの高さに達し、5弁もしくは6弁の小さな花を咲かせます。

コパイバの樹は、10種類以上の種類があります。6弁の白い花を咲かせるものが一般的ですが、5弁の赤紫の花を咲かせるマリマリ種がもっとも希少で上質とされています。

そのコパイバ マリマリの樹木の幹から採取された樹液が黄金色に輝くサラサラとしたオイル「コパイバ マリマリオイル」です。

インディオ1万年の叡智、マリマリのチカラ

森に住む動物たちが、傷ついたツノやカラダをコパイバ マリマリの樹にこすりつけ傷を癒していることに着目した太古のインディオが、代々語り継ぎ、生活に取り入れてきたのが、コパイバ マリマリの黄金樹液でした。

遠い祖先が氷河期にベーリング海峡を超え、アマゾンの地に辿り着いた1万年以上も前から、健康維持のために重宝され伝承されてきました。

出産のときに、へその緒の切り口にコパイバを塗ることから始まり、インディオの戦士が傷ついた時には、傷口に塗り癒してきました。

日常的に傷や皮膚炎、腫れ、火傷などに塗り、また内服では、気管支や喀痰、下痢、腹痛などカラダの不調時にも用いてきました。

インディオ1万年の叡智、マリマリのチカラ

無添加・自然素材のケアコスメ

無添加・自然素材のケアコスメ

インディオが人生の旅立ちを迎えるときにカラダを清めることにも使う、コパイバ マリマリの黄金樹液オイルは、太古からの伝承を守り、伝統的な製法に基づいて様々なケアコスメに生まれ変わっています。

コパイバ公式オンラインストアで扱うケアコスメは、無添加・自然素材だけを使って、太古から変わらぬ製法で製造しています。

  • フェアトレードについて
  • 私たちの商品へのこだわり