フェアトレードについて

  • HOME
  • フェアトレードについて

フェアトレードで守る 地球に迫る危機、アマゾンの自然破壊

私たちが生きるために欠かせない「酸素」。人間をはじめ動物たちが排出する二酸化炭素を吸い上げ、酸素を生み出す植物。 ヒトと植物は生きるためにバランスを欠くことができません。

南米のアマゾン川流域に大きく広がるアマゾン熱帯雨林は、550万平方kmに及ぶ、地球上で最も広大な森林地帯です。

その「地球の肺」とも呼ばれる広大な酸素製造地のアマゾン熱帯雨林が、人間の乱開発によって1970年以降、約20%も森林を減少させてしまっているのです。
その消失の規模は、毎年平均で東京都の12倍にあたる2万6000平方kmという恐ろしいスピードです。

※ブラジル政府の統計より

その理由は、インディオの脆弱な生活基盤と先進国による資源開発

資源開発

森林伐採によって、大きく減少しているアマゾン熱帯雨林。
長く森林と長大なアマゾン川に守られてきたアマゾン一帯は、豊富な鉱物資源が埋蔵されています。

未開拓であるこの地に、先進国の大手開発企業が手を伸ばし、ダイヤモンドやエメラルドなどの宝石や鉄鉱石、マンガン、ボーキサイトといった鉱物資源を採掘しています。

一方、減少した森林の約70%は牧草地に転換されているといい、その原因は、アマゾンに住むインディオの脆弱な生活基盤が影響しています。 アマゾン原住民にも現代的な生活様式が訪れ、自給自足だけではなく経済的な自立も求められるようになりました。 しかしながら、現金収入を得る経済基盤を持たないインディオたちは、自分たちの森の木々を伐採し、木材として売り、伐採した土地を牧草地として牛の飼育や、大豆の生産に転じています。

本来、森での生活を大切にし、森と共に生きてきたインディオは、森の恵みを活かして経済基盤を築くべきところですが、その手段を生み出せないまま、森林の伐採に踏み切ってしまっているのが実情です。

フェアトレードでインディオの新たな収入源を

こうしたアマゾン熱帯雨林の森林伐採と乱開発を食い止め、未来の地球のために環境保全に取り組むと同時に、アマゾン原住民のインディオの生活支援に取り組んでいるのがコパイバ公式オンラインストアを運営するサポートジャングルクラブです。

サポートジャングルクラブは、世界的なNGO(非政府組織)であるNGOグリーンハートと協力して、アマゾンの熱帯雨林と、そこで暮らす人々の伝統的な生活や文化を守るために、国境を超えて活動しています。

サポートジャングルクラブは、原住民が採取するコパイバなどの有用植物資源を先進国に輸出するフェアトレードを推進しています。

森の恵みを活かした、様々な製品を生み出し、先進国に平等な売価(フェアトレード)で商品を販売していくことにより、アマゾンの原住民インディオに、新たな収入源を創り出します。
森林伐採や牧畜業とは異なる、森と共存を続けられる経済基盤の構築にサポートジャングルクラブは貢献しています。

フェアトレードの流れについてはこちら

資源開発

サポートジャングルクラブの活動

NGOグリーンハートを通じて、学校や施設を建設

サポートジャングルクラブは、フェアトレードで得た収益を、NGOグリーンハートを通じてインディオの住む村に学校を建設する、生活に必要な設備を設置するといった活動に提供しています。
次世代に森を残し、インディオの伝承文化を継承していくために、未来を担う子どもたちの学校教育の場を作っています。

NGOグリーンハートと共同で先進国に侵食されない森林保護特区を設置

また、ブラジル・アマゾンの熱帯雨林を保護すべく、支援者・支援団体から集めた寄付金を、フェアトレードで得た収益と合わせて、大切な森林資源が残る土地の購入に充て、森林を保護する特区を作っています。
地球や様々な動物、そして人間にとって大切な森を守るために資源開発の手が及ばない土地を作ります。

ブラジル・アマゾンの熱帯雨林と、インディオの伝承文化を保護するNGO(非政府組織)

「NGOグリーハート」のホームページへ

コパイバを通じて森とインディオの伝承文化を守る

インディオの伝承文化

みなさんが、コパイバの商品を購入し利用されることで、多くのインディオが救われ、森が救われます。 そして、森が守られることで、私たちの未来も澄んだ空気で満たされます。
コパイバを通じたアマゾンインディオと、みなさんとの交流によって貴重な地球の森林と、インカ帝国から続く、インディオの伝承文化を守ることができるのです。

こうした取り組みに共感いただける方は、ぜひ私たちの活動をより多くの方に知ってもらうべく、コパイバやサポートジャングルクラブおよびNGOグリーンハートについて、友人知人の方にご紹介・ご案内ください。

  • コパイバについて
  • 私たちの商品へのこだわり